Sapporo International Art Festival 2014

札幌国際芸術祭 2014

main_logo

札幌国際芸術祭で札幌の魅力を発見。
より深く楽しむならボランティアもおすすめ。

札幌国際芸術祭 2014

“芸術祭の期間中、多くの人が札幌と旅行者をつなぐ役割を担ってくれると嬉しいです。”

— 小田井 真美

芸術祭に深く関わると、今まで知らなかった札幌の魅力を発見できると思う。

— 漆 崇博

2014年7月19日(土)から9月28日(日)まで開催される札幌国際芸術祭2014(Sapporo International Art Festival 2014以下SIAF 2014)。ゲストディレクターに世界で活躍するアーティスト、坂本龍一さんを迎え、「都市と自然」をテーマに開催される札幌初の国際的なアートフェスティバルです。ボランティアスタッフの募集や、市民が参加・交流できるプログラム実施に関わる小田井真美さんと漆崇博さんは、「SIAF 2014に関わってみて、札幌について発見することが多く、街に対する思い入れが深まっています」と語ります。SIAF 2014について伺いました。

アーティストが感じた札幌の魅力を、作品を通して体感。

札幌駅前通地下歩行空間(チ・カ・ホ)をはじめ、市内各所でアート作品が発表されるSIAF 2014。現代アートと聞いて身構えるかもしれませんが、10mにも及ぶ巨大な彫刻や、幅約16mの映像が鏡によって無限に広がるまるで宇宙のような空間など思わず圧倒されるものから、気軽に参加できるワークショップまで、誰でも楽しめるイベントです。子どもとでかけるなら「コロガル公園 in ネイチャー」がおすすめ。周囲に照明や音響が埋め込まれた、子どもたちが自由に創造する公園です。週末には行列ができるかも。展示作品の中には、札幌が豊平川扇状地の上に形成された歴史や、年間6mもの雪が降る札幌の自然環境から構想を得て制作されたものもあります。アーティストが感じた札幌の魅力を、作品を通して追体験することで、普段私たちが意識しない札幌を発見できる面白さも。

〈参考写真〉  《コロガル公園》2012  写真提供:山口情報芸術センター[YCAM]

芸術祭により深く関わることで、札幌がもっと好きになる。

芸術祭をより楽しむ方法として、ボランティアに登録するのもおすすめです。「僕自身SIAF 2014に関わってみて、札幌について初めて知ることが多く、街に対する思い入れがどんどん深まっています」と話す漆さん。「ボランティアとして芸術祭により深く関わることで、札幌がもっと好きになると思うので、できるだけ多くの人に参加してほしい」と言います。事前にボランティアの交流会を兼ねたミーティングが開催されるので、1人で参加しても大丈夫。現段階で、学生から60代まで、職種もさまざまな約600名が登録済み。札幌で活動する人たちがジャンルを超えて一同に集うSIAF 2014は、新しい出会いが生まれる貴重な機会。世界がぐんと広がる体験が、あなたを待っています。

02

ボランティアは、札幌と旅行者をつなぐ大切な役割。

小田井さんにも忘れられない出来事があります。「瀬戸内海の直島では、現在も生活が営まれている地域で空き家などを改修し、空間そのものを作品化するプロジェクトが1998年から行われています。10年以上前にその地区を訪れたとき、島の人たちが進んで案内してくれました。旅行者にとっては、地元の人との関わりでその場所の思い出が一層強くなります。SIAF 2014でも、多くの人が札幌と旅行者をつなぐ役割を担ってくれると嬉しいです」。札幌を訪れた人たちが喜ぶ姿を間近で見ることができるのも、ボランティアの役得です。

03

興味に応じて業務を選択。あなたの得意なことがきっと活かせます。

ボランティアの業務は、美術館内での受付や作品監視、各会場で行われるイベントやワークショップのサポート、ツアーガイドなど多岐にわたります。会期中は、札幌市資料館に情報発信基地がつくられ、ボランティアが中心となって芸術祭情報や会場周辺にあるお店情報などを、印刷物やWEBで発信していく予定。「街の飲食店をたくさん知っている」「子どもが好き」「工作が得意」なんて方も大歓迎。「ボランティアの目標数は1,000名」と漆さん。募集期間は7月18日(金)まで。1日からでも参加可能なので、ぜひ登録してみてください(16歳以上から登録可)。

04

小田井真美(おだい まみ)

SIAF 2014チーフプロジェクトマネージャー。
1966年広島市生まれ。2001年から02年までとかち国際現代アート展デメーテル事務局、03年よりNPO法人S-AIRに所属し、アーティスト・イン・レジデンス(=AIR)の運営、アートによる地域活性化事業、アーティスト・イン・スクールの企画、Sapporo2 Project(札幌の雪と除雪を考えるアートプロジェクト)のプロデュース。

漆崇博(うるし たかひろ)

SIAF 2014プロジェクトマネージャー。
1977年北海道生まれ。02年宮城教育大学大学院に在学中、仙台市内商店街において「ロジアート展」を企画。以来、地域コミュニティと社会を繋ぐ担い手として様々な芸術文化事業の企画・提案・コーディネートに携わる。 現在は、一般社団法人AISプランニングの代表理事として、芸術文化活動を通じた交流事業の運営、企画、コーディネートを行っている。

Information

名称
札幌国際芸術祭2014
期間
2014年7月19日(土)〜9月28日(日)
場所
北海道立近代美術館、札幌芸術の森美術館ほか市内各所
お問い合わせ
札幌市コールセンター TEL 011-222-4894
年中無休 8:00~21:00 [日本語、英語、中国語、韓国語の4ケ国語対応]
ウェブサイト
http://www.sapporo-internationalartfestival.jp/

You may also like